外科・整形外科

026-232-2861

美容予約専用

026-235-3514

業者の方は 026-232-2861

お問い合わせ

※お急ぎの場合、直近のご予定の場合には、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせ・ご予約下さい

痩身

治療のリスク、副作用について

一時的な赤み(1~2時間)。

ボディージェットでは、皮下出血を1~2週間生じる事があります。施術後の痛みは1~2日あり、特に太ももは4~5日突っ張る痛みがあります。
また、軽い圧痛は1週間くらいあります。いずれも処方された薬の服用で軽減されます。

治療紹介

ボディージェット

ボディージェット

薄めて調合した麻酔液を専用の管で高圧噴射し、皮下脂肪をバラバラにして吸い取るドイツ製の”ボディ-ジェット”という装置です。
従来の硬い管でつきほぐす脂肪吸引法と比べ、神経、血管にはダメージ無く、下腹部や大腿内側の局所の脂肪過多の問題が解消できます。
術後のデコボコも無く、きれいな仕上がりが特徴です。

◆ 施術の流れ ◆

1. 部分やせしたい部位にマーキングをします。

2. 局所麻酔をします。

3. 3ミリ切開し、麻酔液の入った液体を専用の細いカニューレを使って注入しながら、水圧で脂肪を剥離して、吸い取っていきます。

4. 2㍑~3㍑で1回1部位を行います。
  (下腹部、状腹部、腰部、左大腿か右大腿、両上腕)すごくボリュームのある方は左大腿も内側と外側で分けることもあります。

5. スクイズして、水を出します。

6. 3ミリの切開部位を縫合します。

7. 圧迫します。

8. 1~2ヶ月で引き締まってきます。

◆ 同時に行う注入と吸引 ◆

カニューレ先端

◆ ボディージェットによる脂肪吸引 ◆

段階1

段階1:

麻酔液の入った特殊液を脂肪組織に浸透させる

段階2

段階2-2

段階2:

同時の注入と吸引
(カニューレの物理的なパワーによってばらばらに分解したか、または液体化されるのではなく、水によって放出された脂肪)

結果

結果:

デコボコの無い均質の構造、より少ないダメージとボリュームの減少が得られる

エクシリス

エクシリス

エクシリスは、アメリカ生まれのボディ・フェイシャルケア機器です。

当院で大好評のラジオ波照射機器・サーモリバース・リラックスF・テノールの発展型の超音波・RF複合機です。
世界初の超音波とフォーカスRF波の同時同軸発振システムに最新のセーフティ機構(皮膚温モニター・対極板センサー・EFCシステム)を搭載。20段階のクーリング設定を組み合わせた「RIDテクノロジー」を用い、全身のスキンタイトニングとボディシェイプを1週間から2週間に1回、合計4回の施術で実現します。
脂肪に効果のある超音波とラジオ波(RF)を同時に照射することにより、超音波にて脂肪組織を柔らかくし、その状態をキープしながらラジオ波(RF)を照射し加熱します。スキンタイトニング(引き締め)効果に優れているのが特徴です。リフトアップなどのフェイスケアは勿論のこと、ダイエット後等の皮膚のしわしわ、たるみを引き締める効果も高く、ボディシェイプとスキンタイトニングを同時に行いサイズダウンさせます。加熱により古いコラーゲン組織をほぐし、新しいコラーゲン密度を増加させます。さらに加熱により、脂肪組織を分解し、容積を減少させます。脂肪の付き方などは人によって異なるため、効果に個人差はみられますが、20分~30分という短い施術時間で腹部などは数センチのサイズダウンが期待できます。
一部位(10cm×20cm)5分×4回の施術時間で組織を加熱できます。一度のセラピーで、ボディシェイプとスキンタイトニングを行うことができます。
全米はもちろん、すでに各国の美容医療機関で導入され、多くのメディアでも話題を呼んでいます。2012年米国ラスベガスで開催された「ザ・エステティック・ショー2012」にて、ドクターと患者が選ぶ「ベストスキンタイトニング製品賞」を受賞したエクシリス(EXILIS)を実感してみてください。

ダイエットの注意点!!

無理なダイエットは危険です。
筋肉は人体の中で大きい臓器で、70キロの成人では28キロが筋肉として存在します。
その重さの20%がタンパク質より構成される。70キロの成人では毎日約280gのタンパク質が合成され破壊されている。
ですから無理なダイエットを行うとタンパクが足りなくなり筋肉にたるみが生じます。無理なダイエット(食事制限)も
筋肉の霜降り化を促進する危険性があります。たんぱく質が足りないと、筋肉がやせ細っていく上に、"成長因子"の分泌も減少するため、
筋肉の霜降り化につながるのです。過剰な食事制限ダイエットでタンパク質不足になると、筋繊維が切れ、成長因子が減りその結果、筋肉が霜降りとなるのです。

ページの上部へ