自己紹介

上野医院 院長 上野 正樹

上野医院 院長 上野 正樹



略歴と自己紹介

昭和27年(1952)長野県長野市生まれ。 昭和54年(1979)昭和大学医学部卒業。 
鬼塚卓弥教授のゴッドハンドに憧れ、昭和大学形成外科教室に入局し形成外科の基礎を学ぶ。 静岡県富士市 芦川胃腸病院、
愛知県西尾市 西尾市民病院外科で一般外科 消化器内視鏡 整形外科を研修。
(1984年から形成外科教室を離れ) 長野市の病院、北海道の病院で約12年間、外科部長を歴任。
第一線で外科系診療と地域医療に携わってきた。

平成6年(1994)長野市で(外科、整形外科、美容外科)上野医院を開院。
平成8年(1996)から Qスイッチアレキサンドライトレーザー導入し、あざ、しみなどの色素疾患の治療を行う。 
平成9年(1997)から 長野県で初めてレーザー脱毛を手掛け、現在は多種類のレーザー脱毛機器を使い分け、男性のヒゲや女性のデリケートな部分の脱毛も安全に行い定評がある。

主な発表論文

日本美容外科学会(JSAS)
1、日本語名:フラクセル理論を応用したスキンリサーフェシングレーザーの比較と当院におけるピクセル2940の使用経験
2、日本語名:カーボメッドRによる炭酸ガス注入療法の当院における治療経験と今後の展望
3、肝斑におけるプラセンタエキス注射を用いた複合療法
本文は、平成13年(2001年6月9日) 中国の大連で開催された日中合同美容外科学会で発表した。
4、自己PRP(Platelet-Rich Plasma:多血小板血漿)を利用した顔面の若返り療法について
5、美容外科ミニレクチャー「プラセンタ治療の実際」
6、日本胎盤臨床研究会大会で、「2001年から胎盤エキス注射をシミの治療(とくに難治と言われている肝斑)に用いている、その結果の報告。」


私の診療内容

一度しかない人生を積極的に心を強く生きるお手伝いをするべく、
各種レーザー治療、プラセンタ療法、PRP療法、抗酸化療法、
薬に頼らない統合医療のご案内(食事療法も含めて)、
その他アンチエイジング療法(眼瞼下垂手術も含めて)を積極的に取り入れ診療している。


日本美容外科学会認定医(JSAS)(認定番号256号)

認定証


所属学会

日本整形外科学会/日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本胎盤臨床研究会
日本抗加齢医学会/日本美容皮膚科学会/日本酸化療法研究会/日本皮膚外科学会

ページの上部へ