院長Blog

2017年9月14日 12:52

ピコシュアー13日より治療開始しました。

昨日は2名、今日の午前中は3名のかたにシミ治療しました。
エアークーリング装置がたまたま同じ部屋にあったので良かったです。
これを併用するとピリピリ感が減ります。
コース料金、年内はお得に設定しました。
よろしくお願いいたします。

2017年9月14日 12:52[Permalink]

2017年9月11日 16:37

メタトロンの根本的な考え方

ロシアの応用精神物理学研究所の科学者たちは「人間は物質だけでない!人間は思考、感情、魂というエネルギー塲を形成している」
まさにそのとおりだと思います!
量子論の登場で意識の物理的理解が深まりました。
ロシアの科学者たちは祈りの前後で「ねじり場すなわちトーションフィールド」の特性を測定し、心からお願いするとその振動エネルギーが100倍になったと報告しているそうです。
私が日本胎盤臨床医学会で、実行委員長を務めた名古屋大会では、京都大学の岸根卓郎名誉教授に量子論的に心と身体の関係を講演していただきました。
ずっと私が思考実験で考えてきたことを、岸根教授は御自身の著書をベースに明快に論じられました。
ペンローズのスピノールからツイスター、の世界は数学的世界です。
岸根教授は数学者でもあるため直感的に意識の本質を知っているのです。
メタトロンで患者の精神的な感情的な状態が、身体の状態と同様に知ることができ、それは変化していくことも知ることができます。
身体バランスは経時的に変化しますし、感情バランスも変化します。
向精神薬などの各種いろいろな薬物の摂取でバランスを調整する発想でなく、メタトロンは人間の思考が生体の以上を治す(チューンナップ、調整する)道具であると考えます。

2017年9月11日 16:37[Permalink]

2017年9月11日 16:18

昨日、東京銀座の誠敬会クリニックのメタトロンセミナーに出席しました

誠敬会クリニックは未病治療に力をいれていて、歯周病が全身の動脈に悪影響を及ぼすので、脳梗塞を発症する前の治療をしています。
メタトロンを活用しています。またメタトロンは感情を測定できるので、ひきこもりや数々の精神性疾患(じつは疾患ではない)の客観的な分析に使っている例を吉野敏明ドクターより教わりました。

2017年9月11日 16:18[Permalink]

2017年6月22日 16:39

プラセンタ注射、ロシアドクターの発表

6月18日に第21回日本胎盤臨床医学会が東京で開催されました。
ロシアの特別講演、2つの演題が発表されました。
私が座長をつとめました。
ロシアでは日本製のプラセンタ注射は16年間で薬6万人に使用されています。
その豊富な基礎データや臨床データが発表されていますが、日本国内ではめったに講演は聞けません。
今回は、お肌や肝臓の抗老化に、プラセンタ注射の非常に素晴らしい薬理作用と臨床例をロシア人ドクターが、
ロシア国内のデータを示していただけました。

2017年6月22日 16:39[Permalink]

2017年4月14日 07:56

メークとスキンケアと脱毛

エジプト、ギリシャ時代から女性のメーキャップとスキンケアは行われて来ました。
自然の状態の体に対して、毛むくじゃらは下品、野蛮とみなされ、特に顔、脇、脚、アンダーヘアーは、
古代エジプトではカミソリや軽石をもちいて、体毛の除去や整えをしていたそうです。
古代ローマのシーザーは顔の毛をピンセットで抜き、全身の毛を剃ったそうです。
人間は人間以外の動物と違うのだと、潜在意識下で、特に女性はきちんとした身だしなみを整えているのだ、という書物を読んだことがあります。服装や装飾、髪型、入れ墨の習慣も文化と民族により様々ですが、動物と違うのだの意識が根底にあるようです。
ヘアーカットやお坊さんのスキンヘッド、あらゆる文化で昔から広くおこなわれている体毛剃りは、精神性の現れなんでしょう。

2017年4月14日 07:56[Permalink]

2017年1月20日 21:25

PRP(自己多血小板血漿)療法を始めて十年経ちました。

再生医療法施行に伴い認定施設では関東厚生局に定期報告が義務付けられました。
当院で、最初に自己多血小板血漿(PRP)療法を行ったのが記録を調べると十年前でした。
その方たちは、現在も定期的に来ています。お肌の張りが全然違います。毛穴の開きが消えています。
ヒアルロン酸注入では得られない効果です。
自己の成長因子が加齢したお肌を慢性炎症と捉え、修復するのです。
目元のちりめん皺や口元のしなびてきたお肌に働きかけます。
当院のポリシーは確実に加齢変化に効果があるものを、できるだけお安く提供し、継続して良い状態をキープして頂くことです。
ですので、高価なヒアルロン酸や高価なボトックスはお勧めしていません。継続できないからです。
たるみ治療にはHIFU(高密度収束超音波治療)がお勧めです。
肝斑にはトーニングレーザーがお勧めです。
美肌にはプラセンタ注射やリアージュ(アミノ酸サプリ)がお勧めです。
長野県で始めてレーザー脱毛を開始しましたが、効果の確実性から当院のレーザー脱毛を支持して頂いた方々が増加し、
予約が取れにくくなってきてきましたので、今年は夏までには、新機種の導入を計画しています。

2017年1月20日 21:25[Permalink]

2016年4月21日 20:49

今、ものすごく女性のV、Iラインの脱毛増えています。男性対応も。

ベテラン女性スタッフが対応しています。毎日、数名の方がお見えになっています。
男性の下腹部脱毛もご要望あったのですが、対応できるようになってきましたので、ご希望の男性はお問い合わせ下さい。

2016年4月21日 20:49[Permalink]

2013年6月13日 20:51

Vライン、Iライン脱毛 痛み 従来より激減です。

今週から 最新のレーザー脱毛機器クラリティー、稼働しています。
クラリティーという機器は従来の医療用脱毛レーザーの弱点を克服し改良し痛みの軽減と脱毛効率を大幅に改善したレーザーです。
エステのわけのわからない機器と違い、アメリカのFDA承認 通っていますよ。
つまり、アメリカが確かに効果あるとの、お墨付きなのです。
エステさんは、脱毛機器の詳細 一切 公表しないでしょ。
安値につられて来たお客さんに他の物品を売るビジネススタイルで脱毛を完結させるつもりは無い、やけどしない弱い出力で行い、無理はしない、お客さんがこんなものかと、あきらめるのを待つ戦略だと、東京で開業しているドクターは言っていました。
エステさんは土日も営業しているし、値段も手ごろだし、まったく効果がないわけでもない。強い毛根を破壊するのは苦手ですが。
実際、1年たっても2年たっても脱毛が完了せず(毛が同じように生えてきて自己処理必要)当院にいらっしゃる方も多いのですよ。
エステで行っている脱毛機器や通信販売の脱毛機器、原理的には毛根のメラニンに吸収する波長の光を出しますが、パワーが足りないのです。パワーを上げると、毛根のメラニンにもダメージ与えますが、表皮のメラニンも燃えますのでやけどします。
ですから表皮の強力なクーリングが必要なのです。
クラリティーは強い出力、クーリング、適切なパルス幅、従来の医療用脱毛レーザーの弱点をさらに改良した医療用脱毛レーザーです。


2013年6月13日 20:51[Permalink]

2012年5月27日 15:31

さらば剛毛。もはや常識無毛時代。 無毛こそ美徳?

週刊現代に3回ほど、見出しのような特集記事が載りました。
美女アスリートの無毛ケアとか、アンダーヘアー(陰毛)史観の変遷とか。
作家やら文学部の教授やら日本文化研究の専門家などが、ヒゲや体毛を剃る分化の変遷について述べています。
古代ローマ人は、シーザーもブルータスもヒゲは無かったそうです。
ヒゲを剃ることで文明の民であることを示したそうです。
現代の無毛ブームはインターネットの普及で、無毛のほうが文化的でセレブで清潔だという考え方が広まってきたとか。
腋毛を処理するようになったのは、昭和初期。洋服を着ることがが、和服よりおしゃれになってきてからです。
上野医院がレーザー脱毛を開始して13年たちましたが、以前よりアンダーヘアーのトリートメントは増えています。
なかでも Iライン Oライン は完全につるつる、Vだけを自分の好みの形にする方が増加中です。

2012年5月27日 15:31[Permalink]

2012年4月20日 19:39

アンダーヘアー剃毛はエチケット、ヨーロッパではスタンダート。

新体操、競泳、ビーチバレーなどではアンダーヘアー剃るのが常識ですよね。
陰毛は不潔なもの、無毛にする女性は年々増えてきています。
当院でも、毎日 2-3名は無毛ケアにおいでになります。
ますます、増えてきています。
無駄毛の処理にウンザリし、エステでも1年しても完了しない方々です。
色黒の男性のヒゲ脱毛と同じで、色素沈着で黒ずんで濃い毛の部位の脱毛は経験と機械の選択が重要です。
ヨーロッパでは、18歳から25歳の女性のうち、半数はアンダーヘアーを剃っているとのレポートがあります。
清潔で衛生的との理由で。
当院の独自のノウハウ、麻酔クリーム、脱毛機器の豊富さ。
安心しておまかせください。

2012年4月20日 19:39[Permalink]

外科・整形外科・耳鼻科

026-232-2861

美容予約専用

026-235-3514

IP電話

050-3533-5895

業者の方は 026-232-2861

お問い合わせ

※お急ぎの場合、直近のご予定の場合には、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせ・ご予約下さい

ページの上部へ