外科・整形外科

026-232-2861

美容予約専用

026-235-3514

業者の方は 026-232-2861

お問い合わせ

※お急ぎの場合、直近のご予定の場合には、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせ・ご予約下さい

しみ

シミ治療の三本柱が重要です

① できてしまってとれないシミを、レーザーで分解して除去する
② 外用剤(日焼け止めなど)でしみを予防する
③ 内服薬でしみになりにくい肌質をめざす

  

最新のしみを改善するアプローチをご紹介します。
高額な金額をエステに投資しても満足できなかった方にオススメです。

診察のみの場合でも予約が必要です。

まずお肌を診察します。

貴女のお肌に生じた、様々な種類のシミについてご説明します。

つぎにシミをとる治療には、どんなものがあるのかご案内します。

副作用、ダウンタイムも気になると思いますので、それについてもご説明いたします。

そしてご希望を聞いて、ハイドロキノンのような美白外用薬、トラネキサム酸のような内服薬、光治療、レーザー治療、プラセンタ治療、イオン導入 ケミカルピーリングなど様々な治療を、経過をみながら、組み合わせて開始します。

治療のリスク、副作用について

レーザー照射後の一時的な色素沈着

治療説明

かんぱん 日光黒子 後天性真皮メラノサイトーシス
特徴 主に30代以上の女性の顔の額やほお、口の周りなど左右対称に発生します。男性にはほとんど見られません。 男女問わず、早い人で30代から、顔、手の甲、前腕の外側などにできる褐色シミです。小さいものは、米粒くらいから大きいもので親指の頭くらいあります。 頬を中心に両側性、茶色の境界のはっきりしたしみ。
原因 ホルモンのバランスの影響やストレスなどが関係しています。日焼けで色調は増強します。不適切な化粧品や過度の摩擦などでも悪化します。 紫外線の影響でメラニン(黒褐色の色素)をつくり出す色素細胞の数が増えたり、メラニンの沈着が増強してきます。 原因はわかっていない。
治療 ハイドロキノンクリームを1日1~2回塗布します。(古来から酒などの醸造所で働くコウジ菌を扱う人の手は白くて美しいことから発見された美白剤です。
特に夏には、トランサミンの内服は第一選択です。
服用は2ヶ月試用したら2ヶ月休んでください。
レーザー照射することによってシミの原因であるメラニンを瞬時に破壊させます。さらにハイドロキノンクリームなどの美白剤を使って再発を予防します。 Qスイッチルビーレーザーを何回か照射するのが第一選択です。
効果 平均18ヶ月くらいで88%の人のシミがある程度薄くなるという実験結果があります。
(ハイドロキノンクリームを顔のシミのある部分に1日2回塗った実験。使用開始の状態と比べてシミが薄くなり、有効と判断された人は88.1%だった。)
1回の照射で消えるものと、2~3回の照射が必要な場合もあります。1ヶ月できれいになくなる人もいれば3~6ヶ月かかる人もいます。いずれにしてもほぼ完全に消えます。 何回かの照射でほぼ消えます。
アフターケア 日焼け止めクリームを使用し、日焼けを防いで下さい。 レーザー治療後、かさぶたがとれてしみが消えたかと思っていると、徐々に色が戻って、場合によっては治療前より、濃くなる事がありますが、これは炎症後の一時的な色素沈着で、しみの再発や悪化ではありません。3ヶ月~半年程度で必ずおさまります。 日焼け止めクリームを使用し、日焼けを防いで下さい。

治療機器について

スペクトラ

スペクトラ

世界一短い照射時間で行う肝斑治療です。県内最速導入しました。

従来のようにダウンタイムが無く、7回~10回かけてメラニンを排除していきます。2~3カ月行うと肌のしみの原因となるメラニンが少しずつ壊れていき、肝斑が消えます。

当院では1回10,800円です。

従来のQスイッチヤグレーザーの機能プラス、肝斑にも照射できるトーニング機能が備わっています。評判は、「ぴりぴり感はあるが痛みというほどではない」、「かさぶたにならなく、すぐメーク可能なのが良い」「全顔処置できるのが良い」「暖かいピーリングモードは気持ちいい」など、好評です。長年、肝斑やしみでお悩みの方には、ぜひお勧めします。

◆効果

①肝斑、色素沈着の原因であるメラニンを瞬時に破壊させます。照射の跡はなく、誰にも気づかれずに自然に治せます。

②肝斑治療の他には、ニキビ、毛穴、くすみ、ホワイトニング、色むらなどに効果を発揮します。毛穴の汚れを飛ばしたり、美白効果がありますので、アンチエイジングにも最適です。

◆治療の間隔

通常1週間~2週間に1回の間隔で行います。 2~3ヶ月行います。

◆治療をお勧めする方

長年、肝斑でお悩みの方。従来のニキビケアで改善されなかった方。

◆照射後に気をつけることは?

日常のケアとして、日焼け止めをしっかり行って下さい。

◆治療のリスク、副作用

レーザー照射後の一時的な色素沈着

メソダーム

ケアシス

冷却(クライオ)技術を組合せた画期的な経皮吸収システムで、薬剤を直接導入することができます。
電気穿孔法の施術自体も肌の引き締めや肌色を明るくする効果についてよい結果を得ています。フラクショナルレーザーの施術後のケアに最適です。

注射の痛みもなく肌を傷つける恐れが少ない導入法です。また導入時の短パルス電流は、肌の組織にハリを持たせ、軽度のフェイスリフトの効果をあらわします。

◆効果

肝斑(レーザーでは難しいシミ)などの輪郭がはっきりせず広範囲なメラニン沈着がある方。

しみのレーザー治療後のメンテナンス。

肌の衰えが気になり予防したみたい方。

ボトックス注射は痛いし、高価、まだ注射するには早いが、少し肌のつや、ハリがなくなってきた方。

◆治療の間隔

基本的には2週から3週に1回で合計8回治療し、その後は状況に応じて継続やメンテナンス(頻度を落として継続)をしていきます。

◆治療時間

美白剤(アルブチン、ハイドロキノン、ビタミンC)

しわの改善薬(アルジレリン)

保湿剤(ヒアルロン酸)

麻酔薬や筋肉痛を取る薬剤

プラセンタ など

目的にあわせて多岐に渡っています

◆治療のリスク、副作用

一時的な赤み(約1~2時間)

プラセンタ

プラセンタ

胎盤のことをプラセンタといいます。プラセンタ治療とは、胎盤より抽出された有効成分を内服や注射、または皮膚に塗布する治療法です。

◆効果

疲れ、不眠、肩凝り、腰痛、シミ、くすみ、肌荒れ、冷え性、更年期障害、肝機能障害、アレルギー疾患(アトピー、喘息、リウマチなど)、胃十二指腸潰瘍、免疫強化作用 (風邪をひきにくくなるなど)

◆治療の間隔

初の1~2ヶ月(初期療法)は、週に1~2回、臀部に皮下注射します。

肩こりや腰痛には患部へのツボ打ち注射も有効です。

肝斑などの難治のシミ治療には顔面への局所注射がとても著効だった方もいます。 維持療法は1ヶ月に1回くらいが効果的です。

◆安全性

プラセンタは胎盤から抽出されているため、その安全性についてよく質問されるところですが、昭和30年代より多くの方に使用されていますが、重篤な副作用は報告されておらず、あるとすれば注射部位の発赤や硬結ぐらいです。

また、エイズや肝炎などのウイルス感染、細菌感染などに関しては、感染性のある胎盤は使用していないのは当然ですが、メルスモン製薬のメルスモン注射、(株)日本生物製剤のラエンネック注射が厚生省の指定する以上の加熱処理を行っているため、完全に除去されており安全です。

◆治療のリスク、副作用

稀に重く感じたり、鈍痛が残ることもありますが、ほとんど数時間で消えます。
皮下出血をすることがありますが、1~2週間で消えます。暖めると早く消えます。

スキンスクライバー

スキンスクライバー

現在サロンに普及している1MHz~5MHzの超音波機器比して、約1000倍の経皮促進効果が高い250KHzの超音波で皮膚をクレンジングし、有効成分を皮膚にパッティングします。

また、ステンレス鋼にクロムメッキをほどこしたものが多く、このメッキ材料がイオン化して皮下に導入されてしまいます。スクライバーは皮膚にダメージを与えない究極の金属材料を使用し安全性にも優れています。

洗浄、イオン導入 各3,240円(税込)

◆効果

現在サロンに普及しているイオン導入機器や超音波機器と違い、高い効果があります。

従来のイオン導入機の180~300倍速く、2分で基底層や真皮層に浸透拡散させることができ、ニキビ、しみ、シワ、脂性肌の改善、美白に効果を発揮します。

◆治療の間隔

1週~2週に1回です。

◆治療をお勧めする方

パルスライト(光若返り)治療と組み合わせ、更にハリのある肌を目指す方。

アトピーなどで肌が乾燥した方で、ニキビ、しみ治療をされる方。

ケミカルピーリングが肌にあわない方。

首や背中が黒ずんでいる方。

背中のしみやニキビの気になる方。

強いピーリング(1ヶ月間に一度)の合間に、お肌のお手入れをしたい方。

首すじのたるみが気になってきた方。

◆治療のリスク、副作用

レーザー照射後の一時的な赤み(1~2時間)。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

1㎠ 5,400円(税込)

◆効果

シミの原因であるメラニンを瞬時に破壊させます。

◆治療の間隔

通常2ヶ月に1回の間隔で行います。

◆照射後に気をつけることは?

顔をこすりすぎないで下さい。

とうがらしを多量に摂取しないで下さい。

◆治療のリスク、副作用

レーザー照射後の一時的な色素沈着

ドクターからの一言

美しさ、若々しさを保ち人生を豊かにしましょう。

しかしシミだと思って来院された方であざや悪性腫瘍や病気での皮膚病変の場合もあります。

シミの治療は、最低6か月くらいはかかるものと思ってください。

ドクターからのアドバイス

精神的な不安やストレス、女性ホルモンの乱れからシミは増えます。

妊娠したとたんシミができたり、皮膚の色素沈着から増加するのは女性ホルモン(黄体ホルモンや卵巣ホルモン)の量が増えたり、バランスが崩れて、女性ホルモンがメラニン色素を作る細胞を刺激するからです。(男性ホルモンは色素沈着を増加させません。)

また精神的なストレスをためたりすると、脳下垂体からメラノサイト刺激ホルモンの分泌が増え、メラニン色素を増加させます。当院ではシミの治療を積極的に行っています。

まず診察し、レーザーでとれるシミととれないシミを鑑別します。とれないシミの場合は当院で調整したコージ酸クリームやレチノイン酸クリーム(0.03%)をシミのある箇所のみに、約6ヶ月間塗ってもらいます。そしてトランサミン錠を処方しています。ただし保険は使えません。

ページの上部へ