外科・整形外科

026-232-2861

美容予約専用

026-235-3514

業者の方は 026-232-2861

お問い合わせ

※お急ぎの場合、直近のご予定の場合には、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせ・ご予約下さい

入れ墨

お知らせ

現在、入れ墨治療中の方を除いて、新規での入れ墨治療は中止しています。
ピコレーザーの導入後、再開を予定しています。
(来年7月以降に導入予定です。)

治療の前に・・・

はじめに、理解して頂きたい事。

入れ墨除去を希望して来院される方は、ほんの小指サイズの手彫りから、背中一面の多色彫りにいたるまで、広さ、色素の入っている深さ、色がさまざまです。

通常2~3週間かけて色が薄くなっていきます。

そのため、一概に同様な経過で消えませんし、完全に消えない方もいます。

麻酔不要の方から、局所麻酔して、正気ガスの吸入麻酔を必要な方もいらっしゃいます。

現在は、2㎠以上の入れ墨除去は行っておりません。

治療の流れ

カウンセリング
刺青、入れ墨、の除去は非常に手間がかかり、跡形も無く完全に治るというわけではありません。
刺青の色や深さなどによっては完全に消えるまで数回の治療が必要になります。
特に黄色や緑のタトゥーは完全に取り除けません。
それでも消したい場合
1、麻酔:「無麻酔・クーリング・麻酔クリームによる表面麻酔・局所麻酔」などの中から、それぞれの状態に応じて適切な麻酔法を選択します。
2、治療:適切な波長・出力のQスイッチヤグ
3、治療後の経過:レーザーを照射した直後は皮膚は白色になり(ホワイトニング現象)、その後照射スポット中央から微量の点状出血をみることもあります。翌日にはカサブタがつき、5~7日程度でカサブタが取れて上皮化します。色調の減少は早くて3週間目、通常4~6週間後に起こります(稀に数ヵ月後に消退する場合もあります)。
4、以後の処置:レーザーを照射した部位には、肌色の創面保護のためのテープを貼りますので、自然に剥がれるまで触らないようにしてください。もしテープが剥がれてしまった場合はお渡しした予備のテープを創面に貼ってください。
場合にっては、お薬を塗って、ガーゼをしたりします。
刺青の色や深さなどによっては完全に消えるまで数回の治療が必要になる場合があります。2ヶ月以上の間隔をあけて治療を繰り返していきます。

治療機器について

スペクトラ

スペクトラ

青や黒や赤ならばアレックスレーザーまたはQスイッチレーザーを照射することで入れ墨の色素を分解し消すことができます。
しかし注入された色素は、皮膚の奥深くまで入っているので、1ヶ月に1回の照射を何回か行う必要があります。
県内外を含め多数の方が除去しています。ご相談に応じます。
*黄色の入れ墨は当院のレーザーではとれません。
*金属顔料を使った緑や黒の入れ墨には全く効果はありません。

注入時の材質がわかれば知らせて下さい。
海外で行った場合はテスト照射したほうが良いです。

広範囲の入れ墨は完全に元の肌と同じ状態にはなりません。

広範囲の入れ墨治療の方に、当院では笑気麻酔の併用も行っています(麻酔代別途 21,000円)

◆笑気麻酔とは?
笑気ガスは亜酸化窒素(N2O)とも言います。無色でわずかに甘い香りのある無刺激性の吸入麻酔薬です。これは30%前後の笑気と酸素の混合ガスを鼻マスクを用いて吸入させる方法です。
鎮静法とは、意識を失わせることなく、不安や緊張を和らげる方法です。
また笑気ガスの精神鎮静作用により、身体も心もリラックスし恐怖心がなくなり、にこやかな楽しい気分になります。(だから笑気{Laughing Gas}って言うんですよ)

◆笑気鎮静法について
1. 鼻マスクをかけて、鼻から100%酸素を規則正しく呼吸していただきます。
2.笑気の濃度を徐々に上げながら、適度な鎮静状態へと導きます。通常は30%前後を保ちます。少しお酒に酔ったよう気分になったり、手足が暖かくなったような感じがする事があります。
3. 5分ほどして、鎮静状態が確認されれば必要に応じて局所麻酔を行います。疼痛閾値が上昇しているので、あまり強い痛みを感じません。
4. 鎮静の状態を観察しながら、治療を行います。鎮静が深くなりすぎるようであれば、100%酸素に切り替える事により、簡単に鎮静の深さをコントロールできます。
5. 治療が終了すれば、100%酸素または空気に戻します。
お帰りまで15分程待てば、そのまま帰宅できます。特に生活の制限はありませんが、車の運転をされる場合は少し長めに時間をおいた方が良いと思います。待合室でゆっくりされてからご帰宅下さい。

◆禁忌症 (あてはまる方は事前に申し出てください)
・鼻が詰まっていたり、アレルギー性鼻炎など、鼻で呼吸するのが難しい方。
・妊娠初期の方、授乳中の方。
・喘息やてんかんを持っている方。
・精神発達遅延や聞き分けのない幼児である方。
・精神分裂症や情動不安定の方。
・局所麻酔薬にアレルギーのある方。

治療Q&A

意識がなくなったり、眠ってしまったりするのでしょうか?

一般の皮膚科治療で用いるのは笑気麻酔(全身麻酔)ではなく、笑気吸入鎮静法ですので、意識を失ったり眠ってしまうことはありません。この方法は、中枢神経を抑制しますが、呼吸や血行を抑制する事はなく、意識も保たれた状態にあります。また、疼痛閾値(痛みを感じる限界)が上昇する事によって痛みを感じにくくなったり、時間感覚が鈍くなる事によってあっという間に治療が終わったように感じるという利点もあります。

副作用はないのでしょうか?

笑気ガスは体内で分解される事なく、そのまま排出されますので、 呼吸器系、肝臓、腎臓、代謝系などに負担をかける事はありません。ですから、小さなお子様も含めてほとんどの方に安全に使用する事が出来ますが、上記の禁忌症にあてはまる方には使用しません。

アルコールや麻酔に弱いのですが、酔っぱらいみたいにおかしくなるのでしょうか?

このガスは、アルコールとは作用の仕方が、全く異なります。脳の中枢神経に直接作用します。
従って、アルコールに弱い強いは全く関係がありません。 ただ、この笑気を吸ったからといって、治療の痛みがなくなるわけではありません。ただ恐さはなくなるようです。 痛みがやってくる事は分りますが、どうでもいい!という感じで、気にならなくなります。
ちょっと痛いけど。ま~いいか?とか、思ってしまいます。

笑気ガスの危険性は?

一般の治療では低濃度(20~30%)の笑気ガスを使用しますので、鎮静状態からの回復も早く、何ら人体に問題はありません。また、ガス自体にも毒性はなく、生体内で変化する事なく速やかに排出されますので、副作用などの心配もありません。

ドクターからの一言

針刺しの傷痕は残ります。
厚みのある入墨は施術回数が10回以上かかります。

ページの上部へ