外科・整形外科

026-232-2861

美容予約専用

026-235-3514

業者の方は 026-232-2861

お問い合わせ

※お急ぎの場合、直近のご予定の場合には、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせ・ご予約下さい

バイコム バイオレゾナンス療法

 私の仮説ですが、生物活性点(中国医学では経穴と呼ばれています)を針とか指圧で対応するツボを刺激すると下図にあるような固有の周波数がひびいて共鳴し増強されて、体調に影響を及ぼすのでは?
 バイコムは、それら固有の周波数を人体に流したり、バイコム独自の有害な周波数の逆周波数を流したりして、身体のエネルギーバランスを調整しているのでは?

バイコムの紹介

バイコムの紹介

        左上:バイコム本体             右:バイコムの専用ソフトをパソコンで
        左下:インプット電極               制御しています

   

output

       アウトプットの送信用コイル
       フラットコイルが内臓されています。体内に有害物質を取り込んだ水分子のクラスターがあり、
      有害な周波数を出しているとバイコム本体が解析すると逆周波数を出し分解します。
      磁場を発生し周波数を送ります。

   

input

        治療プログラムによって、受信電極の種類をパソコン画面から指定していきます。

   

input 電極

バイコムはお薬を使わずに人体の不調の修正を目指します

 バイコムについて
 生体のノイズが強いほど、身体の中でアンバランスが生じ、体調を崩しやすくなりますので、元気がなくなった細胞や組織は、元の固有の周波数からズレていきます。
 バイコムでは、周波数のズレを検知することで、細胞の状態を掴み、周波数のズレを調整します。
 バイコムは患者から受け取った電磁波を使用して、患者のエネルギー場を変化させ診断と治療に応用されてます。
 バイコムは患者の活力および再生/創傷治癒プロセスにプラスの影響を与えます。

メタトロンとバイコムの違い

 メタトロンは、ヘッドセット内の磁気素子で、生体から生じるねじれ磁場の磁場変動を間接的に読み取り、解析しています。
  バイコムは生体を構成しているさまざまな物質の波動(量子の振動)を入力します。さらに自身の体成分(血液や唾液など)の情報も入力する事が出来ます。
 それらの情報を元に、出力ポートからさまざまなプログラムに基づいた波動を出力します。

バイコムの特徴

 バイコム バイオレゾナンス セラピーは治療を重視しており、外傷、アトピー性の難治性皮膚炎、片頭痛や大腸炎など、300の治療プログラムがあり、数1000例の治療実績が報告されているそうですが、日本にはバイコムの学会はありません。

バイコムの歴史

 レグメッド社は1976年にバイオレゾナンス(生体波動共鳴)の研究を開始、1987年にBICOM1号機を製作して以来、30年以上の年月が経ちました。
 ドイツのパウル・シュミットは全ての病気にはそれぞれ固有の振動数があり、人間の発する多種多様な周波数の波動があることを発見した。多くの医師たちとの共同研究を行ううちに、各臓器や器官が有する固有の周波数や、病気によってその周波数にもたらされる変化などを30年に渡って調べ続けた。
 そして外部から発せられる個々の病巣にある固有の周波数の波動と、調整した周波数の波動とを共鳴させ、個々の疾患の生み出す波動(病理波)を消し去る方法のことで、病気の治療(片頭痛、慢性疼痛、外傷、アレルギー性皮膚炎、大腸炎、原因不明の体調不良)を行う方法を確立したそうです。病気の治療に万能ではありません。西洋医学的手法では改善しない病気に対するアプローチとして試す価値はあると思います。

BICOM®の適応

 全身のエネルギーバランス調整
  

 エネルギーの滞りの原因を解消する。

  放射線・電磁波ストレス

 アレルギー症状の好転

  BICOM®では、どのような物質に反応してアレルギー症状が出ているのかをチェックすることができます。

 抗炎症

  発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害が徴候とされており、感染や外傷、やけど、アレルギー反応が原因であるとされています。血管(特に静脈)の機能を正常にし、リンパの流れや代謝の亢進、アレルゲンのデトックスにより、炎症を抑える効果を期待できます。

 バクテリア、ウィルス関連などによる症状の好転

  バクテリアやウィルスが持つものとは逆位相の波動で体外排出を助けます。

 その他のプログラム

  臓器デトックスサポートやホルモン・自律神経調整・免疫調整。
  化学物質・重金属デトックス
  予防接種ストレス軽減
 

バイオレゾナンス メソッドとは何か?

 最近の研究では、 我々の体の臓器や器官を構成している種類も働きも違う約37兆個の細胞はお互いにコミュニケーションをとっていて、それぞれが非常に微弱で周期的な電気的エネルギーを伝達し合っており、この周期的なエネルギーは個々の臓器や器官ごとに異なっていることが分かっています。コミュニケーションをとるべき周波数は、妨害信号を出しているアレルギー物質や電磁波、放射性物質などが臓器に蓄積、血管に入り込むなどして、そのコミュニケーションを阻害されてしまいます。これにより細胞同士がコミュニケーションを取れないことで、ホルモンバランスが悪くなり、臓器の機能低下が起き、免疫調整能力の劣化によりアレルギー症状などが出てしまいます。細胞どうしの“通信”を妨害している、アレルゲンなどに代表される原因物質から発生している妨害周波数を逆位相の信号を出力させて打ち消し、体外排出を促し、本来あるべき信号でコミュニケーションできるよう調整する方法をバイオレゾナンスメソッドといいます。
 ドイツで医療行為として長年にわたり認定され多くの医師が使用しているバイコム(1987年から13000台の販売実績)は、妨害信号周波数とは逆位相調整する事が可能です。
  
 ① インプット電極(数種類あります)で健康な信号と不健康な信号を分離します。プログラムにより5分間で500種類の健康な周波数を増幅して、アウトプット電極から人体に渡します。不健康な信号は逆位相の周波数で人体にうちこみます。
 ② プログラムによって、細菌やウイルスや有害物質、特有の情報(周波数)を除去する周波数をアウトプット電極から人体に渡します。
 ③ 針治療のように経穴にうちこむプログラムもあります。
  
 ドイツをはじめとする世界の医療機関で使用されております。本装置は、ホメオパシー医療、鍼治療などと同じ代替医療ですが、日本では医療機器として認定されておりません。

BICOMでできること

 ・ 体に持っている病巣やアレルゲン、毒素、バクテリア、細菌などが持つ周波数と位相情報をもとに逆位相のエネルギーを発生させ、細胞レベルの活性化、ホルモンのバランスが調整されやすい状況にし、自然治癒能力、免疫力を高めるとされています。
 ・ 電磁波や地磁場の影響が睡眠障害に、また経路の流れがと滞っているため未病になり易いといわれ、疾患はこの延長にあるものです。

バイコムセラピーの種類

バイコムセラピーの種類

中国でのBICOM臨床例

 喘息
 BICOMでの治療213人、従来の医学的治療87人。喘息臨床研究。

  

中国での臨床例

 Trial conducted by:Yang Jinzhi and Zhang Li, research centre for the prevention and treatment of
at the Children.s Hospital of the town of Jinan in Shandong Province.
 Certified translation from Maternal and Child Health Care of China,2004,

  

  

治療プログラム内容

1st step エネルギーバランスのチェック

 電子針(エレクトリックアキュパンクチャー)とシリンダーエレクトロードでCV値(コンダクタンスバリュー:電導率)
 を計測する。
 ※金属棒を握る前にウエットティッシュで手のひらを拭いてください。
 ※毎回最初に実行してください。

 1st step 治療時間
 電導率(コンダクタンスバリュー)の計測
   ※計測後、下記のいずれかのプログラムを実行
  "普通" 80-89 : 10130 (12分間)
  "陽" 90-100 : 10131 (10分間)
  "陰" 72-79 : 10132 (9分間)
   反応閉塞(お薬などが利きにくい方向け) : 10133 (10分間)
  "疲労過多" 72以下 : 10135 (12分間)
   ※問診で明らかな場合、計測せず行う
 

2nd step "外的経絡の障害"を取り除く

 700.3(5分間)ジオパシーバランス Geopathy balance
   (地下水の流れ、断層、鉱床、洞窟などによる地磁波や重力バランスのずれなどによるストレスの事。
    睡眠障害の原因の一つとされている。)
   ※毎回最初に実行してください。
 10160(5分間)放射線と電磁波の被ばく Radiation and electrosmog exposure
 

3rd step "内的経絡の閉塞"を取り除くBlockage remove

 10026(14分間)(通常はコチラ)細胞間の閉塞排斥Blockage in tissue
   もしくは10027(17分間)(痛みを伴う場合)エネルギーの閉塞排斥を実行。
   ※エレクトロードの設定は表示を見ながら行います。
 

治療のリスク、副作用について

 特に副作用はありませんが、自然治癒力回復の過程では眠気が出たり、毒素排泄に伴い一時的に症状が悪化することがあります。

 施行後は十分な水を飲んでください。

   

料金

1つのプログラムにつき 税込 11,000円です。
  (5月末までのキャンペーン期間中のみの価格です)
ページの上部へ
オンライン診療「クリニクス」

オンライン診療研修修了証