外科・整形外科

026-232-2861

美容予約専用

026-235-3514

業者の方は 026-232-2861

お問い合わせ

※お急ぎの場合、直近のご予定の場合には、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせ・ご予約下さい

ピコ秒発振755nmアレキサンドライトレーザー(しみ・肝斑)

ピコ秒発振755nmアレキサンドライトレーザー(PicoSure) とは

PicoSure(ピコシュア)の波長は755nmです。メラニンへの吸光度が高く、ヘモグロビン吸収が低いので、血管へのダメージを抑えられて、影響が少ない波長です。カサブタを作らない、テープが必要ない絶妙な治療が可能です。
Picoレーザーは、
 1. ズーム・スポットハンドピース使用で テープのいらないしみのポイント照射を眼の周り 口周り 気になるとこ全部!
 2. トーニングハンドピース使用により低出力連続照射で くすみやキメなどの原因の過剰なメラニン色素を、少しずつ排出を促し、お顔全体の色ムラやくすみをとります。
 3. フォーカスレンズ使用で 毛穴・ニキビ跡など肌質の改善
 の3つの治療が可能です。
 それぞれをわけて照射することも可能ですが、同日に1,2,3の3種類の照射を行うことにより、より凄い相乗効果が出ています。

PicoSure(ピコ秒レーザー) メニュー

2018年12月からの新料金です。

a b
c total
オプション

ピコ秒発振レーザー(PicoSure)

PicoSure

従来 当院では、フォト治療やRF(高周波)治療、スペクトラレーザー治療 モザイクフラクショナルレーザー治療、炭酸ガスレーザー治療、Qスイッチレーザー治療などを、時期をずらし、組み合わせて行ってきましたが、ピコシュアコンビネーション治療は最も美肌効果が最短で期待できる治療と考えています。
フォーカスレンズ治療は肌を傷つけずに真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、肌のハリやニキビ跡といった肌質そのものの改善が期待できます。
またピコシュアは加齢変化だけでなく毛孔性苔癬にも有効な印象です。現在 症例を検討しています。

発売から2年。安定した実績。多くのエビデンスを持っています。(フォーカスレンズ使用)

“ピコ秒発振 ”の先例のない空前の効果

グラフ01

“ピコ秒発振 ”の先例のない空前の効果とは、レーザーのパルス発信時間の短さです。
ピコパルス発振はレーザーの光子が生体に吸収される時、熱に変わる前に応力が発生し、メラニンを砕きます。

通常の755nmナノ秒発振レーザーよりも、755nmピコ秒発振レーザーは70倍短い。
よりお肌に優しく、より安全で、より早くメラニンを細かく砕き、排出させます。
従来のナノ秒発振レーザーは、 レーザーの光―熱作用を利用しています。
物質に吸収された光エネルギーは、いったん物質内部のエネルギーとなるが、ごく短時間のうちに熱エネルギーとなります。この熱エネルギーによって組織温度は上昇し、組織温度の上昇の程度によって様々な治療を行えます。

従来のスペクトラでは不可能だった多発する薄いシミの治療が可能になりました。

イメージ画像01

ピコシュアはスペクトラの7倍短いパルス発振秒で、7倍の出力が得られ、熱影響域を生じませんので、薄く細かいメラニン粒子を細かく砕いて排出を促します。通常1-2回でシミは薄くなります。

従来のナノ秒発振レーザーとは比べ物にならないほど「早く」「綺麗に」シミを取り去る最新ピコ秒レーザー「ピコシュア」は、シミ・肝斑治療と同時に、小じわの解消・毛穴の引き締め・くすみの改善・ニキビ痕の改善、入れ墨の除去まで行う革新的なレーザーです。肌の若返りに非常に高い効果を発揮します。

スペクトラでは限界だった薄いシミの全顔治療が可能になりました。
スペクトラでは老人シミはスポットサイズを8ミリから3ミリに変えて出力を1.5ジュールから9ジュールに変えて照射しました。(出力を6倍以上上げます)
熱影響(レーザー焼け)のところはテープを貼り、1センチあたり5400円、通常2-3回必要でした。(出力を大きくするから、熱影響域が生じます)
照射後1-2ヶ月は赤いです。(当院では従来医師が行っていた、この方法はやめました。スペクトラトーニングは行っています。)

ピコレーザーも最低3回は必要ですが1回、2回でも効果を実感できます。
薄いシミは夏では2ヶ月もすると再び生じてきます。
定期的なメンテナンスをお勧めしています。

ピコ秒レーザー(PicoSure)独自のフォーカスレンズシステムでさらに光エネルギーを20倍に凝集し、お肌をツルツルすべすべにします。

フォーカス画像01

フォーカスレンズは0.5ミリの深さに集光(ビームは全体の3割だけ集光)し、多光子吸収により、表皮を損傷することなく低温プラズマを発生し、微細な空砲を作り(10分後)、その刺激でサイトカインが放出され、コラーゲン・エラスチンの再生を促進します。(24時間後)
0.5ミリ~1ミリのダーマローラによる美肌効果と同様ですが、針刺しによる痛み、出血はありません。

ピコ秒発振レーザーは、レーザーの光―機械的作用を利用します。
熱破壊を伴わず、メラニンのみの微小分解を行います。
パルス幅の短い十分なエネルギーを持つパルス光を発生させ、 光の衝撃波(生体という媒質を進む光の速度は真空中より遅くなり、この時エネルギーが発生する)をおこさせ、メラニンを機械的に砕きます。

ピコ秒発振レーザー装置は、熱の効果(熱影響域)が現れる前に、物質に非常に大きなエネルギーを瞬間的に与える特性を持ちます。

ピコ秒発振レーザー ワークステーション 755nm(波長)の利点

755nmピコ秒発振レーザー(PicoSure)は、メラニンの吸光度が多いので、低い出力で、高いメラニン減少効果が得られます。

ピコ秒発振レーザー装置をサイノシュアー社独自のフォーカスレンズで集光させ、光エネルギーを特定のスポットのみに凝集させると、光子が吸収され、その分子の結合がゆるみ、小さい低温プラズマ(電離した気体)が発生し、表皮内に微小な空洞を作ることが出来ます。
空洞は周囲の組織により充満し、結果として空洞の体積分、表皮が引き締まり、また、 同じ体積分のメラニンが排泄されます。
1ヶ月に1回を5~6回繰り返す事で効果が実感できます。

  

  

治療のリスク、副作用について

24時間程度赤みが残ることがあります。

施術後は乾燥します。十分な保湿を心がけ、日焼け止めを使用してください。

  

オススメ出来ない方

アレルギー皮膚炎の方

  

  

新コースのご案内

※ 2018年9月から新たにスタートしました。

コース申込にあたっての流れ(フローチャート)

コースの流れ

  

※施術の予約ではありません。


・ピコシュア及びコース申込の説明をします。
  ※ 概要書面の説明をし、契約の締結をします。
  (印鑑をお持ち下さい)

・施術日を予約します。


  

  

  

料金をお支払い頂きます。
 (現金 or カード)

コース料金

コース料金

   ※ コース料金は、平成31年4月1日からの料金設定です。

   ※ コース契約の申込にあたり、書面の取り交わしを行いますので、印鑑をご持参下さい。

   ※ 施術開始は契約締結後9日目以降となります。
     (契約当日は施術できません)

   

※ 今後も料金改訂する事があります。当ページの料金をご確認下さい。

  

ページの上部へ
オンライン診療「クリニクス」