外科・整形外科

026-232-2861

美容予約専用

026-235-3514

業者の方は 026-232-2861

お問い合わせ

※お急ぎの場合、直近のご予定の場合には、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせ・ご予約下さい

波動測定・治療装置「メタトロン」

あらゆる組織・器官・細胞・鉱石には、それら原子の電子スピンによる固有振動数があります。

image01

メタトロンは、ヘッドホン型の送受信器(トリガーセンサー)とメタトロンのコンピュータのデータベースをもとに、生体の固有振動数のズレをスキャンして感知し、そのズレを調整します。コンピュータには、個々の細胞や臓器が持つ固有の振動数とそのズレ(ノイズ)を比較し、画像化します。

メタトロン外来とは

説明1

トリガーセンサーをこめかみに装着して、ホワイトノイズを照射すると、
個々の臓器が共鳴し、体の状態に関する情報を取得できます。

  

説明2

インパルスを送って、体の中に作った共鳴のおかげでハーモニーのレベルが分かります。

  

説明3

不調和があったり、大きなズレがあったら、それを修正する事が出来ます
周波数特性をあげたら、健康的な組織の標準と合わせます

  

ヘッドホン型のトリガーセンサーからズレた周波数(スピン)を受信し、4つのメビウスコイルとNS磁気誘導子で脳に磁気をかけます。

  

食事指導-食物との相性や食べすぎている食物も判定できます。色々な食物の持つ振動数と自分の振動数が合ったもの、つまり相性がいいものを示す事が出来ます。
さらにご自身の乱れた周波数の修正も可能です。

メタトロンの原理

説明4

ロシア(ソ連)の科学者は1980年代「メタトロン」という機械を作成し、改良を続けてきました

  

説明5

その機械は人体のエントロピー状態を診断解析し、3D表示します

  

説明6

健康の組織が出すスピン周波数(トーションの波)と、代謝が低下し劣化した組織のスピン周波数は違います。

  

ロシア人の科学者、N. A.コジリェフ博士は、人間の思考と感情が、トーションの波を派生させる事を発見しました。その様な発見は、意識の「物理的」な理解に役立ちました。人の心もエネルギーを持つのです。
さらにコジリェフは、突然の心理的な変化によって原因された物理的な変化の測定をする事ができ、意識が液体の様な媒体の中の振動に関係していると証明しました。

メタトロンとは

10年前、ソ連で開発された医療機器で、アメリカ、ドイツでも使われています。ヘッドセットの受信機から、体の臓器ごと、細胞ごとに発している周波数を、松果体や視床下部を介して受け取ります。
さらに意識や感情も物理的な周波数を持った振動としてキャッチし、蓄積された莫大な生体の固有の周波数と比較して画像化することができます。

  

説明7

昔から、人間は物質だけではないと考えられています。
思考、感情、精神、気というエネルギー場も人体の重要な特性です。

  

メタトロンも電気信号を測定します

解析1

各器官は捩じり振動を放出します。

  

解析2

そして一番重要なのは、細胞、
細胞内および生体分子のレベルです。

  

当院のメタトロンは東洋医学(はり・漢方・気功)を補完医療の一環として使用しています

日本ではメタトロンの使用は、医療機器ではないので医師以外の方々も、有料で行っています。当院では、医師が医療行為の一環として行っています。
その結果に基づいて東京の誠敬会クリニック銀座の吉野先生へ受診をおすすめする事もあります。
メタトロンの結果をお伝えする方々の解釈はまちまちです。メタトロンの原理は量子論やエントロピー論と相通じていますが、食物や鉱物(宝石)との相性に興味のある方には不要な事なので、当院では、その方にはメタトロンの原理(ねじれ場・量子エンロトピー)についての深い説明はしません。

メタトロンのメタセラピー治療と反復経頭蓋磁気刺激法(TMS治療)とはどこが違うか?

imege2

反復経頭蓋磁気刺激法(特殊なコイルを頭にあてます)

  

「TMS磁気刺激治療」とは、うつ症状や不安症状を軽減する最新の治療法です。以前からすでに日本でも多くのリハビリ病院で脳卒中後の上肢麻痺の治療に使われており、脳への磁気エネルギーの照射部位などを変えることで、うつ症状や不安症状軽減にも効果があるそうです。
TMS磁気刺激治療は脳の代謝を高める為、うつ症状や不安症状を軽減するだけでなく、集中力・やる気・認知機能などを高める効果も認められている為、病気ではない方も受けておられるようです。

メタトロンのメタセラピーとは

こめかみに装着したヘッドセット(トリガーセンサー)の効果を増強する目的で、ヘッドセット内部のカジスターと呼ばれる半導体に、ある波長のフォトダイオードレーザーを照射すると、一時的な蓄積エネルギーが半導体内に生じ、反復するあるレベルの磁気エネルギーが放出されます。それにより、ヘッドセット内部の4つのメビウスコイルから生じる磁気エネルギーで、脳の活性化が促進されるようです。
(あくまで、これは私の仮説であります。メタトロン開発元(ロシア応用心理物理学研究所)のコメントではありません。)

  

  

料金

メタトロン測定
① 初回測定
30分         15,400円(税込)
  分析データはプリントしてお渡しします。 測定画面はスマホで録画できます。
※ 初回、メタセラピーは行いません。
② 2回目以降  30分 11,000円(税込)
  アンバランス測定とプリントアウトのみ。 メタセラピー調整は別途かかります。
メタセラピー +11,000円(税込)

  

メタトロンの詳しい内容はメタトロン治療のページをご覧下さい。

  

  

その他のリンク

メタトロンの掲載メディアメタトロンドットコムもご参照下さい。

ページの上部へ
オンライン診療「クリニクス」

オンライン診療研修修了証